医療費の違いの謎とは

企業によってどのくらい医療費負担が違うのかを調査

>

働く環境全てを支える医療費負担

企業別でどれだけの差があるのか

医療費負担の金額は、時代によって様々に利率が変化しています。また年齢によって控除となる利率も変化しており、今後もその変動は予想されるところです。
そもそも医療費を払ううえで重要になるのが健康保険。この健康保険の違いによって、企業別で生じる医療費負担の違いが生じています。そこで生じるのは、大企業ならどこの会社でも医療費負担率は同じなのかというところ。実は、日本を代表するような大企業でも、企業ごとに負担率は違うため、同じ症状で病院にかかり健康保険を使ったとしても、支払う金額には違いが生じています。これは従業員負担だけでなく、事業者負担にも違いが生じているのです。金額の差は平均的に1,000円前後ですが、それでも何度も病院に受診する人にとっては大きな問題となりましょう。

働く環境によっても違うのか

医療費負担の違い、それは例えば働く環境によっても違うのでしょうか。例えば製造を主とする職場環境。こちらは現場での作業も多く、ケガや故障を生じやすい環境といえましょう。また同じ企業でも、例えば営業や販売。外回りが多くその分事故などに出会う確率も高い可能性があります。こうした部署の人達と内勤の部署の人達では受診する回数に違いがありそう。となれば、医療費負担の違いも生じるのではないかと想像できます。
しかし実はおなじ企業の中で、部署が違うというだけで医療費負担の違いが生じるということはありません。健康保険は同じということは、その健康保険の加入する環境は同じということ。そのため仕事の内容や環境が例え負担率が高いとしても、健康保険での対応は行えないのです。


このTOPICSをシェアする