医療費の違いの謎とは

企業によってどのくらい医療費負担が違うのかを調査

>

都道府県別でも違いがあるのは本当か

住む地域で医療費負担の率が変わるのか

例えば大企業などが直接運営するような組合があるという場合ではなく、中小企業などで所在する地域の協会けんぽなどに加入している企業もあることでしょう。こうした企業の場合、その地域が定めた負担率で医療費を支払うことになります。
日本の行政は一律ではなく、それぞれが独立した業務を行っています。これは医療費にも影響しているのです。そのため管轄する行政が異なれば、医療費の支払い分にも違いが生じてしまいます。例えば北海道の行政区域内に所在する企業で、北海道の協会けんぽに所属している企業に勤めている人と、同じ雪国でも長野県の行政区域に所在し、長野県の協会けんぽに所属している企業に勤めている人では医療費負担率は違うのです。

都道府県別ではどれだけ違うのか

では都道府県別にどれだけ違うのかというところですが、ご紹介したような中小企業が所属する協会けんぽの場合で比較してみましょう。ちなみに医療費負担率は、時代や社会の事象によって常に変化しています。そのため数年経過すれば利率にも変化が生じるもの。過去のものが現在と一定ではありません。こちらでは過去の保険料率を例に、その違いを比較としてご紹介します。
例えば2016年には北海道の協会けんぽでは保険料率が10.21パーセントでした。一方、同年の長野県はというと9.91パーセント。ちょっとの差のように見えますが、5,000円を基準に考えると北海道では510.5円です。一方、長野県となると495.5円。20円の違いですが、数回の受診を予定していれば、後のかかる費用も小さなものではないと言えましょう。


このTOPICSをシェアする