気がつけばアラサーになっていて、シゴトもあ

ホームボタン
気がつけばアラサーになっていて、シゴトもあ

気がつけばアラサーになっていて、シゴトもあ

気がつけばアラサーになっていて、シゴトもあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、鏡をのぞいて自分の肌の汚さに結構ビックリしました。

鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を突きつけられた気がしました。
この時のことをきっかけとして、私は決心しました。


どれ程疲れ切って家に帰ってきたとしても本日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、お肌を守ってあげよう、シワを増やさない努力をしようと心に決めました。

最近、幅広い世代の人と会う機会が増えてわかってきたことがあります。具体的に言うと、表皮が薄かったり、シワがなくても肌が硬いと、早くシワを招くということです。

逆に柔らかいほどシワができにくく、もし出来ても回復しやすいということです。

若い頃は差を感じませんが、加齢と共にハッキリ出てくるので放置してはいけません。

私の場合は、肌質を選ばないというので炭酸パックを初めました。肌のモッチリ感が続くようになってから、くすみ・シワ・たるみが目たたなくなりました。

パックと肌質が合っていたのかも知れませんが、肌の復元力が増すのとアンチエイジングは関連性が高いと思います。


肌が乾燥しているという方は多いと思いますが、ケア方法をチェンジするだけで見ちがえるように肌質が良くなります。
洗顔用の石鹸をよく泡立てて洗い、ぬるま湯で洗い流すことで乾燥肌(どんなにメイクをしたところで、乾燥肌だと肌がキレイには見えませんし、メイクをすることで乾燥肌が悪化する恐れもあります)とさよならすることが出来ます。逆に、お肌を乾燥させてしまうような洗顔方法は拭き取り型の洗顔シートを使う方法です。
必要な皮脂まで拭き取ってしまうので、このスキンケアは推奨できません。

お肌の悩みと言えば、シミが多いことです。
紫外線による日焼けや加齢などで、メラニン色素が沈着するという原因で、シミのせいで実年齢以上により上に年上の印象を与えるのです。
もし、顔にできてしまうとひどく気になってしまうものですが、毎日の肌の手入れでシミを防ぐことが可能と言えますし、できてしまったシミを消すことができる方法があります。キメの細かいみずみずしい肌といえば憧れの的ですが、このキメというのは肌の上に見られる皮溝という細い溝のようになった線と、皮溝が区切る皮丘という部位で作られた模様のことをさします。
キメの整っている肌の表面では皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。
でも、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮がすっかり乾燥し、カサカサに荒れると、皮丘は形を崩し、キメは粗くなります。
荒れてしまった表皮では、ちゃんとしたバリアにならないので、表皮が覆う真皮もその内傷つくことになります。

真皮は肌の土台というはたらきがあり、真皮にまでダメージが及ぶと、土台としての力が弱まって肌を支えていられなくなり、肌表面にシワを生みます。
洗顔をしっかりとふき取らないと肌の状態が荒れてしまうこともあるので、すすぎ足りないことがない様にしましょう。顔を洗った後には、化粧水や乳液などを使って、保湿をしっかりとやることが大切です。

保湿をやらないと肌が乾燥してしまい、シワになりやすくなります。

保湿をちゃんとおこなえば、シワができない様に、予防・改善することができます。


1日に何回顔を洗うのがベストなのかお知りでしょうか。
朝1回、夜1回の計2回が正解です。これ以上顔を洗うのは肌を老化させてしまう1番の理由です。

何回もすれば多い分ゲンキになる訳ではなく、2回を限度とするのが美肌を目指すことへと繋がっていくのです。
皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、皮膚組織内に存在するあらゆる細胞に、酸素や栄養、水分を送り届けるための通り道で、逆に細胞から排出される老廃物を排出するパイプにもなっています。

喫煙時、吸い込む煙にふくまれる化学物質の作用によって、すべての毛細血管は収縮してしまいます。



そのため、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になります。


酸素も栄養も届きませんから、表皮は弱り、強力なバリアとしての機能は低下しますし、真皮もその機能を落としてしまいます。こんな風にして、肌の弾力も張りも、なくなっていってしまいますので、結果としてシワやたるみが増えていきます。

喫煙は、みずみずしい肌のためにはオススメすることができません。ここ二年くらい、アンチエイジングについて考えることが増えてきました。

笑ったときに目基に集中するようなシワが多く、多少はあったけれど、こんなになかったはず!と思いました。
そのあたりのお手入れは、昔からきちんとしていて、時節によっても変えたりしています。
目元・口元は年齢が出やすいと言われているので、クリームとジェルの合わせテクニックで効く保湿を欠かさないようにしています。


これでも万全でなかったとは。割と高価な化粧品を手に入れても使用方法が間違っていたらスキンケアに不可欠な効果を得られないということになります。間違っていない順番と使用量を守ってしようすることが必要な事です。
洗顔の後には化粧水、ミルキーローション、クリームを順に使ってみて自らの肌に対して水分を与えるようにしましょう。
美白や肌の保湿など目指すところに合わせて美しくなる化粧水を使うのもいい方法ですね。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 肌トラブルを予防してみた! All Rights Reserved.