厳しい夏が終わった秋口から冬にかけて

ホームボタン
厳しい夏が終わった秋口から冬にかけて

厳しい夏が終わった秋口から冬にかけて

厳しい夏が終わった秋口から冬にかけてと季節の変わり目には、肌の乾燥が気になって仕方なくなります。

気を付けていないと、いつのまにか目の周りはひどいちりめんジワで覆われていますし、荒れて赤くなったりすることもあります。



この危険な時期、大切なスキンケアは特に念入りに行っているワケですが、基本の化粧水や乳液でのケアだけでなく、とうとうオイルの使用も始めてみました。オイルも種類があって少しはまり沿うなのですが最近では特にココナッツがいい感じで、続けてつかってみています。乾燥肌にお悩みの方は多いと思いますが、スキンケア方法を変更するだけでおどろくほど肌質が改善します。



洗顔石鹸のもこもこ泡で洗浄し、ぬるめのお湯で洗浄することでお肌を乾燥とは無縁にすることが出来る為す。逆に、お肌を乾燥指せてしまうような洗顔方法は洗顔シートで拭き取ってしまうことです。

必要な皮脂(分泌量が多すぎるとニキビや吹き出物などの原因になってしまいます)まで拭き取ってしまうので、このお手入れ方法はオススメすることができません。



お肌のシミ対策にパックは有効と言えます。



保湿、美白成分を十分にしみこませたマスクでフェイスパックしたら、シミの原因であるメラニン生成の抑制をはたらきかけ、肌に透明感を出してくれます。


思いがけなく日焼けした際に特に効き目があり、帰宅してすぐに、きちんとケアしたら、嫌なシミを予防することができるのです。そもそも、アンチエイジングとは加齢と戦う抗加齢というもので、若返りと間違っている人も多いのですが、、単なる若返りとは違って加齢が進むのを抑え、実際の歳より若く見せるという考え方の方が正しい考え方です。



アンチエイジングというものは現在、基礎化粧品だけではなく、サプリメントやホルモン治療といった分野にも進化していっています。肌はなめらかで均一な構造に見えますが、実は繊細な作りです。

擦ったり引っ掻いたりを繰り返すと表層がだんだん薄くなってきます。表皮は一定期間で外側の層が剥がれ落ちて再生しますが、必要なケアを怠っていると、やがて表皮の下にある真皮にも影響が出てきます。
表皮と真皮の機能が破綻すると、弾力性がなくなり、たるみ、よれ、しわ、と着実に進むので、老けた表情(顔芸というジャンルがあるように、時には笑いを誘うこともできます)になってしまうのです。この季節のお肌の乾燥を防ぐためには、洗浄力が控えめの刺激が少ないクレンジング剤を選びます。落ちにくいポイントメイクはそこだけ専用のリムーバーを使い、肌荒れにならないように注意して下さい。


持ちろん、顔を洗う時もゴシゴシと洗ってはいけません。


ホイップの様な泡をたてて丁寧に洗い、なるべくぬるめのお湯でしっかりと流しましょう。スキンケアをしないと、どんな変化がおきるかというと、多数の人は肌がボロボロになることを連想すると思いますが、実は正反対で肌は若返ります。スキンケア商品というのは肌にダメージを与えるので、それを使わないようにしてワセリンを塗るのみにするのが1番優しいスキンケアだと言えます。私は花粉症を患っているのですが、スギ花粉が多い季節になると、敏感肌になって肌荒れが起こってきます。
ですから、その時期にメイクを濃くすると一層悪化してしまうので、ナチュラルメイクで過ごすようにしています。

やっぱりアイメイクくらいはしたいと思いますが、敏感な肌になっている為、目のかゆみが余計にひどくなり、とても出来はしないのです。



人はそれぞれで肌の質が違います。

普通肌、乾燥肌、敏感肌など、数多くの肌質がありますが、その中でも、敏感肌の方は、どんなスキンケア商品であってもマッチするワケではありません。
もしも、敏感肌用以外のスキンケア商品を使用した場合には、肌に負荷をかけてしまうこともあるので、用心しましょう。

シミやそばかすなどが肌に出来てしまったため、わずかでも薄くできたらと思って、美肌に良いといわれるビタミンC誘導体が配合された美容液を利用しています。
顔を洗ったあとで、美容液を指先にのせて、トントンとパッティングするようになじませます。

使い続けて約一ヶ月くらいで、シミとかそばかすが目立ちにくくなっ立と思えたので、前むきな気持ちになりました。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 肌トラブルを予防してみた! All Rights Reserved.